天蚕 栞
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

天蚕 栞

¥1,980 税込

送料についてはこちら

天蚕(てんさん)は、日本古来の野生の蚕・野蚕の一種で、信州安曇野地方では、親しみを込めて「山蚕・やまこ」と呼ばれています。 白い繭をつくる家蚕とはちがい、「やまこ」は鮮やかな緑色の繭をつくるのが特徴です。 その繭からとれる緑色の糸は、天然の美しさを持ち、人々の心を惹きつけ、希少価値からも「糸のダイヤモンド」といわれています。 「天蚕・やまこ」を育て糸をとってきた歴史は古く、江戸時代からその文化は引き継がれてきましたが、いまでは飼育農家が激減。 飼育や製糸にも特別な技術が必要なため、いまや大変に稀少で高価なものとなっています。 これまで一般にはあまり知られてこなかった「天蚕・やまこ」の美しさを多く方に広めたい。 もっと身近に「やまこ」を暮らしの中に取り入れていただけたら…そんな思いから、この「天蚕しおり」はつくられました。 手織りの風合いをお楽しみください。 サイズ:38mm×140mm ※天然の糸を紡いでいるため、ひとつひとつ色合いが異なります。